種類に応じて使い分け|ペットのノミ・ダニはフロントラインプラスで駆除しよう!

ペットのノミ・ダニはフロントラインプラスで駆除しよう!

薬を持っている人が飲む様子

種類に応じて使い分け

カプセルと薄黄色い錠剤

ノミやダニの駆除に利用されるフロントラインプラスですが、この薬は2種類の薬が存在してします。
一つはスプレータイプ、もう一つはスポットオンタイプと呼ばれる物で、どちらも効能自体は同じなので、使用するペットの性格などに応じて使う物を選ぶようにしましょう。

スプレータイプの物は霧吹き状の入れ物の中に薄めたフロントラインプラスが入っており、ペットの体に万遍なく吹き付ける事で体表のノミやダニを駆除しつつ、身体に薬を浸透させることによって予防を行います。
そしてスポットオンタイプの物は、ピペットと呼ばれる小さなスポイトに入っている濃度の強いフロントラインプラスをペットの体に垂らすことによって、そこから徐々に薬液を浸透させ、噛みついているノミやダニが血を吸った際に駆除を行い、更に新たなノミやダニが身体に噛みついた際に即座に駆除を行う事が出来るのです。
どちらも「薬液が浸透する48時間の間はシャワーを控えないといけない」という注意点があるので、利用する前にはしっかりとシャワーを浴びせてあげ、その際に体表についているノミやダニを追い払えるなら可能な限り追い払ったうえで使用してあげるようにしましょう。

使い方を間違えると駆除が出来ないばかりか、使い方によってはペットの命を危険に晒してしまう可能性も0ではありません。
なので、使用時は使用方法などをしっかりと調べ、そのうえで使用してあげるようにしましょう。

↑ ページトップへ